託児所選択のポイント

以前のエントリーに対してコメントを下さったririfufuさんからのネタ提供(?)
テーマは「託児所選択のポイント」及び「託児所の新しいサービス」。
さて、ちょっとブレーンストーミングしてみましょうか^^

・・・と言っても、正直なところ、パッとする考えが思い浮かばないです。
うちの長女も認可に入る前は無認可の託児にお世話になっていましたが、「選択のポイント」って、自宅から近い&空きがあるかが全てで、保育内容についてはあれこれ言える余地がなかったんですよね。

もし複数の選択肢があったとしたら、この他に、
「保育士さんの質・親とのコミュニケーションの密度」
  =お迎え時に一日の様子が聞けるか、あるいは日々の育児の悩みを聞いてもらえるか
「周辺環境」=公園が近いか、など
「施設内容」=園庭は広いと嬉しい、施設も日当たりがよいと嬉しい。お昼寝スペースは広く。
「給食内容」=お弁当の宅配やレトルト中心なのはちょっと・・・
「保育料金」=そりゃ、安い方がありがたいでしょう
あたりがポイントに入ってくるでしょう。

・・・う~ん、何だか当たり前過ぎますね。
でも、保育って別に進化するものでもないから、基本部分は変わらないような気がします。
どれだけ子供のために手間をかけてあげられるかが、いつの時代でも重要なのだと。

今後あるといいサービス。
一つは病時保育。専門の保育所もあるけれど、できれば慣れた園舎で、慣れた保育士さんに看てもらいたいから。
もう一つは防犯対策。長女の保育園でもたまに話題になるけれど、保育園って意外と無防備。「お迎え専門のベビーシッターです」って顔をすれば、誰でも入って来れちゃうような危険性がある。実際にそれでトラブルに発展したことはないけれど、ちょっと心配。

ririfufuさん、たいしたことが書けなくてすみません。
今日は、締切間近の仕事を抱えていて書けないのですが^^; 明日か明後日に、企業内託児所について書きたいと思います。

新しい保育サービスについてアイディアのある方、是非コメント残して下さいね。
特に実際に保育園を利用されている方。子育て経験のある方。また診断士の方も、「自分のクライアントだったらどうアドバイスするか」ご意見下さいませ。
[PR]
by miki_renge | 2005-12-07 16:24 | 女性と仕事
<< 企業内託児所を生かすには? 価格破壊は生命破壊 >>