「ほっ」と。キャンペーン

地上の星

昨夜はNHKの「プロジェクトX」の最終回。
マンネリだとか、演出過剰だとか、いろいろ言われていたけれど、やはりNHKでないと作れない、良質な番組だったと思う。

自称「コアなファン」のSMAP・木村くんも番組内で似たようなことを話していたけれど、紹介される人たちの、何かを成し遂げようとするパワーはすごい。ゾクゾクする。
きっと、「これが成功したらこれだけ生活が豊かになるはずだ」という明確な目標があったからできたことなんだろうな。そして、その目標を達成したときに得られる満足感、それも決して自己満足にとどまらず、社会に役に立ったという確信。そういうものが好循環を生み出してきたのだろう。

それが今は・・・
経済合理性を追求しすぎるあまり、いつの間にか「ラクして儲ける」ことの方が流行りになってしまった。これに違和感を覚えてしまう私も、年をとったということなのだろうか。

いや、「地上の星」は、分からないだけで、まだたくさんあるはずだよね。今はもがいていても、あと数十年したら、この番組に触発された人たちが輝きを増すかも知れないよね。
そう願いたい。
そのときは、女性ももっとメインで扱っておくれ。^^

さて、実家のPC環境がよろしくないため、今年のブログのアップは、本記事で最後にします。
・・・この短い記事をアップするだけで30分以上かかってるって一体^^;
お付き合いいただいた皆様、どうもありがとうございました。
ブログによって得られた気づきや情報は、私にとって大きな大きな財産です。
皆様、良いお年をお迎え下さい。そして来年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by miki_renge | 2005-12-29 13:46 | ジャニーズ
<< 次女、風邪 溶ける花びら? >>