研修講師は重労働

今週後半の2日間は、研修講師のお仕事。対象は夢と希望に溢れた、若い世代の方々。

研修講師は第二子出産後初めてだが、いやぁ、疲れた。
研修においては、やはり受講者の思いに沿った講義、コメントをしたいと思うため、必然的に受講者の話を一字一句漏らさず聞こうとする。ベテランになると、この辺りのメリハリが身についているのだろうが、私には無理。ということで一瞬たりとも気を抜けない。すさまじい集中力を必要とする。
もちろん体力的にも。私は研修中は基本的に座らないのだが、さすがに足腰にくる。
さらに、話をするのも一種の運動。帰宅後は誰とも話したくない気分だった。もちろん子供が2人いれば、そうは行かないが。
10年位前は5日間ぶっ通しの研修だって平気だったのに、歳を取ったってことかなぁ・・・

それでも研修の仕事は好きだ。何より、受講者の方から刺激をもらえる。
研修が終わったときに得られる、「自分の見識がふわっと広がった感じ」がたまらない。
研修効果を一番実感しているのは研修講師自身だったりして。
[PR]
by miki_renge | 2006-01-14 09:12 | 仕事場にて
<< 住所変更の悩み 学歴社会 >>