住所変更の悩み

この週末で、年賀状の整理をした。インターネットの普及とは言われているものの、やはり年に一度、このようにお便りをいただくのは嬉しいこと。
今年は特に、「結婚しました」という報告が多いような気がする。いやはや、めでたいことだ。
 
ただ、年賀状を見ていて気掛かりなこと。
我が家はこの3年のうち、2回引越しをしている。最後の引越しは平成16年12月26日。
昨年の年賀状で、現住所は知らせているのだが、まだ旧住所で送られてくる年賀状がちらほらある。一応、郵便局に転送依頼はしてあるのだが、それも今年の正月限りであろう。

旧住所が記されてある年賀状は、ほぼ全てがパソコンで印刷されているもの。
きっと変更していないんだろうな。
でも、同じ地名で番地が変わっただけだから、分かりにくいことは確かだ。
もう少し目立つように書いておけばよかったなぁ。

さて、どうしよう。
このままなら、相手は来年も旧住所に年賀状を送ってくれるだろう。
でも、相手には、「転送期間経過のため返送します」とスタンプが押されて、戻るだろう。
それでは申し訳ない。特に旧住所で送られた年賀状は、前の職場の上司や昔の友人など、滅多に会う機会はないが、年に一度のやり取りは絶やしたくない、という人が多い。
そういう人たちに、現住所をさりげなく伝え、間違いに気づいてもらう方法はないだろうか。

とりあえず、この場を借りて。
「我が家の住所は、3丁目ではなく2丁目です。心当たりの方、ご確認下さい!」
[PR]
by miki_renge | 2006-01-15 17:21 | 情報・IT
<< ドイツの閉店法 研修講師は重労働 >>