社労士セミナー参加

今日は、開業社労士の方の営業セミナーに参加してきた。
営業に興味があったというよりは、若手と呼ばれる世代で成功を収めていらっしゃる、峰岸先生社労士777先生人事労務屋さんと言った、そうそうたる講師陣に興味があったのだが、なるほど、目から鱗が落ちる思いだった。

あまり詳しくは書けないが、「営業しなくても仕事が入ってくる仕組みづくり」は非常に重要だと思った。社労士に限らないが、経験を積んでナンボだ。
かといって、これは「ラクして仕事をもらえて大儲け」という考え方とは全く違う。問題は、「どの部分で努力すれば成功できるか」なのであろう。メリハリが必要なのだ。
成功しているからといって、ものすごく突飛な考え・行動をされているわけではない。しかし工夫すべきところは押さえている、というべきか。
この考え方は、コンサルを行う上でも応用できそうだ。

あとは、「相手の立場に立った行動を心がける」ということか。
これは簡単なことのようだが、実は難しい。相手のニーズがどこにあるかしっかり見極めなければ。もっともこれは、人間として必要なスキル。思いやりや想像力が大事なのだろう。

嬉しかったのは、恐らく同年代の女性の方が何人か参加されていたということだ。
皆、試行錯誤しながら目標を持って頑張っている。
そういう前向きな姿勢の方々とご縁をいただけたことも、本当に幸運だったと思う。

私も頑張らなきゃね。
[PR]
by miki_renge | 2006-02-11 23:42 | 資格・勉強
<< バレンタインデー サラリーマン川柳 >>