バレンタインデー

今日はバレンタインデーですね。私にはあんまり関係ありませんが。

職場におけるバレンタインデーの思い出。
新人で初めて配属になった部署では、2つ上の女の先輩と、前日の昼休みにチョコレートを買いに行った。しかし、自腹ではない。部内の親睦会等のための積立金の残りで、お一人様500円程度のチョコを購入。
身銭を切ったわけではないことは皆が知っているので、男性陣からのお返しはなかった。^^;

続いて配属になった部署では、女の先輩が2人。どちらも年上で主婦。
「バレンタインって、毎年どうしてますか?」と尋ねたところ、「そんな面倒なことやるはずないじゃないのぉ~」とのお返事。
ホッとしたような、ちょっと寂しいような。前の部署で、「この人にはこんなチョコがいいかな」「これを贈ったら、どんな反応を示すかな?」なんて、相手の顔を思い浮かべながら、結構楽しんで選んでいたから。

職場全体で見ても、バブルの頃はそれなりに盛り上がっていたような気がする。いわゆる「若い女性」も職場に多かったし。しかしバブルがはじけてからは、一気に「虚礼廃止」となったような・・・今はどうなんでしょうねぇ。
ちなみに、その後パート勤務をしていた会社は食品卸売業で、バレンタインの時期は職場がひっくり返るほどの忙しさ。自分達のチョコの心配をしている社員さんは誰もいませんでした。

夫は毎年2~3個もらって来ますが、私と娘で取り合って食べてます。

参考:日本のバレンタインの歴史(All About Japanより)
●チョコレート会社「モロゾフ」が1936年(昭和11年)2月12日にバレンタインデー向けチョコレートの広告を出したのがの最初、らしい。
●1958年(昭和33年)2月にメリーチョコレートが、バレンタインセールとしてチョコを発売し、
翌年「女性から男性へ」というキャッチフレーズでハート型チョコを発売。昭和40年代の後半から昭和50年頃にかけて、徐々に現在のような「バレンタインデーに女性から告白チョコレート」のスタイルに。
●今はバレンタインデーの販売額だけで、国内消費の約1~2割を売り上げているそうな。
[PR]
by miki_renge | 2006-02-14 06:01 | 商品・サービス
<< 名前がない!? 社労士セミナー参加 >>