合併と人事システム

昨日は、月に一度の支部の研究会に参加。
今回のテーマは「M&Aと人事管理」。合併時に起こりうる人事制度の見直しについてである。
現在進行形であることから詳しくは書けないが、合併時の賃金水準の揃え方、評価システムの統一、退職金の扱いなど、大変参考になった。

私も合併企業の人事コンサルに携わったことがある。
ただ、私が経験したのは、どちらかというと「後ろ向き」の合併が多かったため、賃金システムの再構築とか何とか理由をつけて、成果主義めいたものを導入し、表面上は「成果を出した人に報いる制度」とアピールしていたが、実際は数年経てば多数の社員が給与ダウンになることがしばしばあった。
それだけ、経営内容が悪かった、余裕がなかったといえばそれまでなのだが、苦しい合併、そして制度導入だった。
どうせ新しいことをやるなら、希望の持てるシステムにしたいよね。
それでないと、社員のモチベーションが上がらないし、結局、「何のための合併?」ということになりかねない。
難しいことだけど・・・
[PR]
by miki_renge | 2006-02-21 05:48 | 雇用・人事
<< ビジネス創造フェア ディズニーリゾート >>