保育園入園対策フリーランス編

朝型人間の私としては、珍しくこんな時間にお仕事。
だって、内定者教育のお仕事が全然終わらないんだもの・・・
明日は次女の保育園の面接、明後日は長女の訓練。目の回るような生活です。

そうそう、次女が認可保育園に入ることができたことを、ママ友や仕事仲間に話すと、「よく入れたねぇ」と驚かれる。そう、私のように、企業に属していない働き方の人間だと難しいのだ。通常は、正社員で勤務していて、産休・育休明けの人の子供が優先されるであろうから。

長女のときは苦労したため(無認可を経て、2歳児の年度途中より認可入園)次女は何としても初めから認可に入れようと思った。
今は自宅中心で仕事をしていると言っても、やはり生後半年を過ぎると、とてもじゃないけど仕事に集中できない。ファミリーサポートや近所に住む義父母、夫に相当部分助けてもらっているが、結局、今日のように夜なべ仕事をすることになる(ちなみにこの時期になると、無認可も定員に達しており、一時保育だって枠いっぱいで難しい。甘かった)。

今回、入園に向けて、申請書類にはたくさん添付書類をつけた。
まず、これまでの仕事の実績のリスト及びこれからのビジョン・予定(どちらもたいしたことはないが)。現在請け負っている仕事の契約書。ダメ押しで診断士の登録証のコピーや、社労士としていつでも開業できる状態にあることを証明する書類も出した。この上で、「入園できないと大変なんです」と文書で訴えた(もちろん、守秘義務には注意しましたよ^^;)。
効果があったのかなかったのか・・・入園できたのだから、一応よかったのだろう。

でもねぇ、本来、どういう形態であれ、働いていればすんなり入園できるようでないとおかしいんだよね。出産を考えている女性診断士さんから、「やっぱり保育園って入りにくいですよね」なんて相談されると、あぁみんな悩んでるんだな、って思う。子育てと仕事を両立したい、ってフリーランスを選択したのに、入園できずに仕事を諦めるんじゃ、もったいなさすぎるよね。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-08 01:39 | 家族・育児
<< 保育園における目標管理 あちこちに不具合が・・・ >>