ロシア事情

というわけで、先週の土曜日は、区の診断士会の研修会。お題は「中小企業のIT経営革新」。中小企業にとってまだITは特殊な世界であり、その部分でビジネスチャンスがある、というお話だった。

印象に残ったのは、実はITの話より、雑談で出てきたロシア事情(いや、ITも非常に面白かったが・・・)。ロシアではサービス業はなっていない、というイメージが強いが、それを逆手にとって、日本のコンサルタントなどが、CSに関するセミナーを開催すると、非常に受けがいいらしい。受講者(もちろんロシア人だが、一部韓国系も)は総じて素直で熱心。ようやく、「サービスの質が差別化につながる」ということが理解されてきた、とのことである。

貧困というイメージが拭いきれないロシアだが、モスクワは意外と金持ち集団が多いという。銀座なんぞより賑わっているらしい。
日本にとっては近くて遠い国の一つではあろうが、こういうナマの情報をもっと知りたいと思った。
[PR]
by miki_renge | 2006-03-21 18:36 | 社会・経済一般
<< 適格退職年金の廃止後 これからどうしよう? >>