「パート活躍度診断サイト」

21世紀職業財団が開設したそうですな。
「パート活躍度診断サイト」
  http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/04/h0405-2.html
   http://parttimers-21.jp

パートって、その企業によって位置付けや仕事内容が大きく違うから戸惑うよね。
社員並の仕事をすることもあるし(小売業じゃパートタイマーの店長がいるくらいだし)、一方で「忙しいときだけ来てくれる、使い捨て労働力」と思っている会社もあるし。
パートの扱いを誤ると怖いと思うよ。現実として、地元の主婦を雇うことが多いだろうから。悪い噂が立ったらお終いだよね。

自分もパートの経験があるから分かるけど、仕事内容の割に、あまりに正社員との待遇格差があったりすると、やる気をなくしちゃうんだよね。働く以上はその会社に貢献したいと思うし、そのためのスキルアップの道筋も示して欲しいし。
これからは特に人手不足の時代。「貴重な戦力」として活用しなきゃ、もったいない!

ちなみに、日本の(女性)正社員とパートタイマーの賃金格差(所定内給与)は、正社員を100とした場合、パートは67だとか。スウェーデンは92、ドイツ、フランス、スペインも80代。日本の場合、これに所定外給与(賞与、退職金等)を含めると55となる。
まさに、「All or Nothing」。
既婚女性で一旦退職した場合の再就職場所がパート中心となる現状を考えると、少子化対策・子育て支援の観点からも、検討すべき課題だと思う。
[PR]
by miki_renge | 2006-04-10 06:21 | 雇用・人事
<< 夫婦別姓 「失業理由からみた失業構造の変容」 >>