どうするアイフル

<アイフル>全店舗対象に業務停止命令 金融庁
最近、消費者金融のCMが目立つなぁとは思っていた。しかも「バランスは大事に」「事前によく確認して」というコンセプトの、いかにも「さわやか」ってものが。
と言っても、お客に借りてもらわなきゃ商売にならないわけで、どうにも胡散臭い。
アイフルのこの件で、よりそれが増幅された気がする。

社長は、「成果主義を求めすぎた」と言っているそうだが、成果主義自体は別に否定するものではないだろう。運用は別として。むしろ、私は消費者金融会社そのものの社会的意義について今ひとつピンとこないため、これらの会社に「法令遵守を」と言っても、そもそもそれが可能なのかが分からない。

違法行為にかかわった社員の人が、「1件でも多くの貸し付けができれば、自分と支店の業績につながる」と説明したとのこと。アイフルでは、貸し付けや回収率など支店ごとにノルマを設定し、成績が悪ければ支店全員のボーナスが下がる制度を採っていたそうだ。このような制度そのものは決して珍しくないと思うが、そこに社会的意義が見出せるかどうかが、世間の理解を得られるかどうかにつながるのではないか。まぁ社員にも言えることだが、社員は会社の存在意義に納得して入社しているだろうから疑問は感じていないのかも。
[PR]
by miki_renge | 2006-04-15 07:30 | 社会・経済一般
<< 学校指定品の怪 夫婦別姓 >>