給与計算

昨日、保育園からの呼び出しコールまで私がやっていた仕事は、「給与明細の封をすること」だった。非常に地味な作業だ。でも、心を込めてやった。今年度初の給与。なかには人生初の給与、という人もいるだろう。お疲れ様、これからも頑張るんだよ、大事に使ってね、と。

社労士事務所ではさまざまなお手伝いをさせてもらっているが、一番大変だな~と思うのが給与計算だ。私はこれまで給与計算の経験はなかったが、間違いがあってはならないこの作業の大変さと奥深さが、ほんの少し分かったような気がした。

給与計算で特に注意すること。
まず、勤務時間のチェック。正社員なら残業時間(割増賃金との関連)。パートやアルバイトなら勤務時間を正確に把握すること。
そして扶養のチェック。これは委託している会社さんから直前になって連絡をいただくこともあり、注意しなければならない。
年金や各種保険料の控除も、いつから控除するのか確認。たとえば4月入社なら5月分の給与から社会保険料を控除。3月退職の場合は、社会保険料の控除は2月分まで。介護保険の場合は、資格取得日が40歳の誕生日の前日で、実際に保険料を控除するのは翌月の給与支払日から・・・はぁ、受験勉強みたい。しかもかなり忘れてる・・・

今日は次女発熱につき、お休み。社労士受験時代のテキストでも見直しておこう。
[PR]
by miki_renge | 2006-04-21 12:29 | 仕事場にて
<< 日本の医療制度 学校指定品の怪 >>