離職票

今日は出勤日ではないので、自宅でこまごまとした雑務を片付けている。次女の風邪で何にもできなかったもんなぁ。メールの返信が遅れている方、すみません。

昨日は事務所で、大量の離職票作りに四苦八苦していた。これ、日数計算や賃金計算もあって結構複雑。かといって賃金は間違えられない。だってこれが、その人の失業手当に直接影響するのだもの。

経営不振で希望退職を募った企業様の分も担当した。希望退職者を募るに至るまでの背景等が記載された文書も添付されていたが、こうせざるを得なかった社長自身の苦悩がにじみ出ていた。悩んだだろうな。大企業ならいざ知らず、私が処理をするのは、せいぜい社員数数十名程度の企業。社員の顔も見えるだろうし、もしかしたら家族ぐるみの付き合いがあるのかも知れない。その人たちの首を切るのは、一体どんな気持ちだろう。

希望退職に応じた社員さんも、私と同年代か少し上の世代。これからどうするのかな。早く再就職先が見つかりますように。
[PR]
by miki_renge | 2006-04-28 10:34 | 仕事場にて
<< 本気になれない商店街 「東海地震説」は間違いだった? >>