こんな少子化対策ってあり?

昨夜は3時までお仕事。でも全然終わらなくて、朝から青ざめながらPCに向かって調べ物をしていたら、次女の保育園からお迎えコール。
私は一体どうなってしまうのでしょう・・・明日は出勤日だけど、どうしよう・・・

帰宅後、再度PCに向かって発見したこんなニュース。一気に脱力しましたわ。
3世代同居支援で補助制度 政府チームの少子化対策案
政府の「家族・地域の絆(きずな)再生プロジェクトチーム」(座長・長勢甚遠官房副長官)が提言する少子化対策の中間取りまとめ案が9日、明らかになった。親子孫3世代同居を支援する住宅建設補助制度の創設や、より多くの子どもを持つ家庭への所得税負担の軽減などが柱となっている。
同チームは近く中間取りまとめを決定。6月に経済財政諮問会議が策定する「骨太の方針」への反映を目指す。
取りまとめ案は、深刻な少子化の原因として「過度に経済的な豊かさを求め、個人を優先する風潮がある」と指摘。家族や地域のネットワークが子育てには重要との認識を強調している。
いやぁ、突っ込みどころ満載なんですけど。まず3世代同居支援って何?ジジババに育児を手伝ってもらいなさい、ってこと?いや、3世代同居という選択肢がある人を支援するよりは、親戚縁者が遠方だったりして頼る人が近所にいない核家族を支援するためにお金を使って下さいよ。そもそも同居なんて、出産よりずっと個人的な問題でしょ。
それよりも、同じお金を使うなら、まず産婦人科に補助金でも出して欲しい。出産できる病院の減少を食い止める方が、よほどまともな少子化対策になるはずだ。

家族や地域のネットワークが重要なのはよく分かる。でもその前に、いわゆる子育て世代に時間的ゆとりを下さいよ。うちの夫なんて、帰宅は連日午前様。以前にも書いたけど、時間外労働が当然のように思われている正社員の職場環境を何とかして欲しい。これじゃ、家族の時間も何もないよ。

それでもって、「個人を優先する風潮がある」と切り捨てられてもねぇ。
30代でも、こんな記事がありましたよ。
<いのちの電話>自殺相談最多4万5600件 30代が3割(Yahoo!ニュースより)
[PR]
by miki_renge | 2006-05-10 15:30 | 家族・育児
<< 便利さを追求すると 非正規社員もいろいろ >>