クレーム対処法社労士事務所編

「開業社労士専門誌SR」第3号を購入した。別に私は開業社労士ではないし、今後社労士メインで開業する予定はないが、一応有資格者、何がトレンドになっているか最低限の情報は押さえておきたくて、毎号購入している。

今回一番参考になったのは、「“営業”にまつわるクレーム・トラブル対処法」。社労士事務所勤務職員として日々実感していることでもある。手続きされたはずの給付金が振り込まれない、健康保険証が届かない、逆に顧問料が入金されない、など・・・本当にささいなコミュニケーションのミスもよるものである。これは社労士事務所だけでなく、広く仕事をする上で気をつけるべきことだろうが。
給与計算のミスの対処法も掲載されていた。うちの事務所でも以前あって、始末書を書いたそうだ。給与計算のミスは100%当方(社労士事務所側)に原因がある-これはその通りだと思う。このときに誠意ある対応ができなければ、顧問契約解除も当たり前だ。

あと、「顧問社労士のいる事業所への営業活動」についての記事。本当にこんなことあるんかいな?と思ってしまったが。

「社労士の1週間」も楽しみな記事だ。今回、育児中の開業社労士(女性)の方の記事があった。「仕事はできるだけ平日のみにしたい」のコメントに納得。でも頼れる実家が近くにある方らしい・・・う~ん、なかなか「実家が遠方」という人には巡り合わないなぁ、育児中の女性社労士の世界も。
[PR]
by miki_renge | 2006-06-06 06:30 | 資格・勉強
<< 「Hanako」の特集 出会いを大切に >>