身の丈にあった経営

連休を利用して、北関東の温泉旅館に行った。
非常に料金が安く(そういう宿をインターネットで探したのだが)、行く前はもしかしたらとんでもないオンボロでサービスが悪いところかも・・・と心配をしていた。

着いてみると、確かに新しいとは言えない。けれども手入れは行き届いている。
また、旅館の人たちは実にフレンドリーで過ごしやすかった。
温泉も熱すぎずぬるすぎず、お肌がスベスベになったような気がする。内風呂と露天風呂が2種類、これと言った「変わり風呂」はないが、他のお客さんも「いい温泉だね」と言っていた。たぶん入浴剤は入ってないだろう^^; そういえばパンフレットにも、効能がびっしり書いてあった。

ではなぜこれだけ料金が安くできるのか?



一つ考えられるのは、お風呂や食事の時間が限定されていたことだ。
お風呂は朝6時から夜10時まで。
夕食は夜6時から8時まで。
朝食は朝8時から9時まで。
お風呂は24時間OK、という温泉宿が増えている中で、あえて管理しやすく設定してあるのだろう。食事も、大広間に一堂に会して食べる。既に配膳がしてあり、食堂の給仕さんは、ご飯と味噌汁、お茶を持ってきてくれる以外は基本的に動かない。もっともそれで支障はない。

ちなみにルームサービスなんてもんはない(そういや、部屋に電話もなかった)。チェックインの際も、部屋に案内してくれる係の人はいない。
部屋にはベッドがあるが、布団がよければ自分で敷くことになっている。
そして部屋には冷蔵庫がない。補充や精算が面倒だから置いていないのかも知れない。代わりに、自動販売機はそれなりに充実していた。

この旅館は全21室。下手に大きな旅館の真似をせず、切り詰め可能なところは切り詰めて上手くやっている例かも知れない。
[PR]
by miki_renge | 2004-10-11 15:57 | 商品・サービス
<< 未納者1千万人 やる気は有限 >>