松下幸之助

昨日のスマステ。経営の神様、松下幸之助さんの特集。

内容は本で読んだことがあるものが中心だったが、改めて彼の人生を振り返ってみると、学ぶべきところがたくさんある。
松下は何を作っているのか、と聞かれたら、「人を作っている、と答えよ」。
自信がなきゃ、言えることじゃない。
今では当たり前になった「週休二日制」を作ったのも彼。「一日教養、一日休養」の考えが、明日への活力を創る。人間、ずっとトップスピードでは走れないものね。

その他、心を打つ名言の数々。特に私が心を打たれたのは以下のもの。他にもスマステHPに載っています。

「先ず汗を出せ。汗の中から知恵を出せ。それが出来ない者は去れ。生きた知恵は、汗の中から出るもんや」・・・人間、とにかくまず一生懸命やることですね。

「商売や生産は、その商店や製作所を繁栄せしめるにあらずして、その働き、活動によって社会を富ましめるところにその目的がある」・・・誰かのために役に立つ、この気持ちが大事。

「売る前のお世辞より売った後の奉仕、これこそ永久の客を作る」・・・売るだけが目的になっているところは多いですからね ^^;

1989年に亡くなった幸之助さん。90年代の冷え込んだ景気を目の当たりにしたら、一体何を思っただろうか。
[PR]
by miki_renge | 2006-07-02 16:01 | ジャニーズ
<< 均等法20周年 氏名と生年月日 >>