パソコン大騒動!?

先日、実家の父から電話があった。実家のパソコンのインターネットやメールが全く使えなくなってしまったと言う。ワードやエクセルなどは普通に動くので、パソコン自体のトラブルではないことは分かるのだが、その日まで何の支障もなく繋がっていたインターネットが、突然使えなくなるなんてヘンだ。
とりあえず、ウィルス感染を疑い、パソコンショップに相談することと、プロバイダのヘルプデスクに電話するようにアドバイスした。

昨日になって、原因が分かった。何と、プロバイダへの料金支払いがストップしていたことになっていたのだ。実家では、プロバイダにはカード会社を通じて支払っていたのだが、先日そのカード会社のサービスそのものがなくなってしまったとのこと。しかもその連絡は利用者には全くなかったらしい。

このパソコンを購入したのは数年前。購入した店は今はない。
原因を探ってくれたパソコンショップのお兄さんも、「こんな事例は初めてだ」と驚いていたとか。
購入した店はとある大手メーカーの系列店で、「ポイントが貯まるから」と、こちらでカードを作るように勧められたのだそうだ(もちろん、貯めたポイントはチャラになった)。
ついでに、プロバイダのヘルプデスクに電話が繋がったのは2時間後だったらしく、父の怒りは収まらない。

さらに。今回初めて知ったのだが、このパソコンを購入して初めて電源を入れたとき、誰かの結婚式の写真が入っていたと言う。「中古品ではないか」と、その購入店に問い合わせたところ、「メーカーの最終チェックで試験的に使ったものが消去されていなかったのでしょう」という返事だったそうだ。
ありえなーい!パソコンショップのお兄さんも「それはないですよ」と断言していたそうな。

パソコン音痴の年寄りだと思って甘く見られたのかな、お父さん。
でも、こういう年寄りを敵に回すと怖いのよ~、企業さん。そこそこ時間があるから、いろんな人に言って回るわよ~。それに、必ずしもパソコン音痴とは限らないのよ~。
[PR]
by miki_renge | 2006-08-03 06:47 | 情報・IT
<< 無配慮な職場 イジメ対応:「ザ・ファシリテー... >>