大停電

昨日の関東の大停電、我が家はまともに影響を受けた。

昨日は事務所勤務の日。自宅を8時に出る予定で朝の準備のラストスパートをしていた7時40分頃、突然部屋中の電気が消えた。初めはブレーカーが落ちたかと思ったが、よくよく考えるとそんなに電気は使っていない。そのうち外が騒がしくなる。部屋(我が家はマンションの7階)の前のエレベータを見ると表示が消えている。これは停電だ!

そのときはまだこんなに大規模の停電とは思わず、早く支度しなきゃ、と焦る気持ちばかりで、非常用ラジオを出してくる余裕はなかった。まず化粧。でも我が家の洗面所には窓がない。仕方なくコンパクトの鏡で化粧する。急いでるのにやりにくいよぉ。
続いて朝食の洗い物。いつもなら食器洗い乾燥機にお任せ。でも今日は使えないんだっけ。今、水を使いすぎるわけにはいかないから、これは帰宅してからにしよう。不衛生だけど。
心配なのは冷蔵庫。昨日買いだめした食料、特に冷凍食品はどうしよう。どうしようもないか。

さて問題は、次女とベビーカーと保育園の持ち物と仕事の荷物をどうやって7階から1階に下ろすかだ。・・・私が全部抱えるしかないじゃん。よりによって月曜日、保育園のお昼寝用シーツ3枚がいつもより余計だ。出勤時間は迫る、急げ急げ。1階に辿りついたら汗びっしょり。あ、うちのマンション、オートロックじゃん。仕方なく、裏手の狭い出口に回る。

街は真っ暗(と言っても、天気は悪くなかったが・・・)セブンイレブンもローソンも、店長さんが困った顔をして外に出てきている。信号も暗い。大通りは車の流れが切れない限り渡れない。ベビーカーで強行突破するわけにもいかないし。

8時15分、保育園に着いたら電気がついていた。何だ、我が家の一帯だけだったのか、と思ったが、やはり保育園もほんの少し前に復旧したとのこと。とりあえずホッ。

その足で最寄り駅へ。駅について初めて、大規模な停電があったことを知る。私がいつも利用する路線もダイヤは大幅に乱れているらしい。こりゃー遅刻だ。でも遅延証明書出るよね・・・お盆休みのため、電車はそれほど混んでいなかったのが救い。
結局、事務所へは3分の遅刻。すみません。

帰宅して、やっと大停電の原因を知る。なーんだ、単純なミスじゃん。でも電気がないってホントに怖い。いかにいつも、電気に頼った生活をしていたか思い知った。大災害に向けていい経験をさせてもらったのかも。
[PR]
by miki_renge | 2006-08-15 05:50 | 社会・経済一般
<< とある政府広報 クリーニング屋さんの閉店 >>