密度で勝負

昨日は娘と2人、アメ横に行った。娘の保育園のクラス懇親会用のお菓子を仕入に行ったのである。天気もよく、2人でソフトクリームをなめながら、通りをのんびり歩いた。

それにしても賑わっている。人出も多い。私がこれまで仕事でかかわった商店街とは何かが違う。
一番の差は、単純だが「歯抜け」でないこと。広いとは言えないスペースにひたすら店が、商品がびっしり。これを見ただけで圧倒されてしまう。すると、別に特別欲しいものがなくても、「もしかしたら掘り出し物があるかもねぇ」なんて思ってついウロウロしてしまう。
接客のおじさんおばさんも元気がいい。こちらもついつい乗せられてしまう。

かたや、ごく一般的な衰退型商店街。空き店舗が増え、商店と商店の間に当たり前のようにアパートが建つ。これじゃ、なかなか活気が出ないよね・・・

店も商品も、「密度」が勝負。もっともそれは簡単なことではないが。
[PR]
by miki_renge | 2004-10-18 12:18 | 商品・サービス
<< 経理のお仕事 ぷっすまの人気 >>