個人情報

長女は本が好きなので毎週図書館で本を借りているのだが、先週は寝込んでいたため行けなかった。案の定、図書館から返却の督促の電話が入る。「念のため、返却期限の過ぎている本のタイトルを教えていただけませんか?」と尋ねたところ、「個人情報のためお教えできません」と言われた。私は母親なのに。
・・・でもまぁ、この場合、貸し出しの控えを探せばいいんですけど^^; 期限を過ぎたのはこちらが悪いんだし(すみません)。

最近、これと同じような思いをしたなぁ、と考えたら、ハローワークでの手続きだった。
雇用保険の資格取得手続きをしようとして窓口に行くと、たまに「生年月日違い」「期間重複」(※)等で手続きできないことがある。この場合、一応窓口で、「そちらのデータ上、この方は生年月日はいつということになっていますか?」「前の会社をいつ退職されたことになっていますか?」と確認する。しかし最近は、「個人情報ですので・・・」と言って教えてもらえないことが増えてきた。
別に悪用しようとしているわけじゃないのに。念のため知っておいた方が手続きがスムーズに進むかな、と思って尋ねているのに。

つくづく、個人情報保護っていうのは線引きが難しいと思う。でも、これを悪用しようとしている輩がいるうちは、仕方ないんだろうね。全く、面倒な世の中だわ。

※「期間重複」:たとえば前の会社の退職日が11月24日で手続きされているのに、新しい会社の入社日が11月22日だったりするような、雇用保険を同時に複数の会社で取得しようとしている状態のこと。手続きミスがほとんどだが、まれに有給休暇中に再就職をしてしまうようなケースもあり。
生年月日に関しては、過去に雇用保険の被保険者だったことがある人については、本人確認のためハローワークで照合している。「生年月日違い」も記載ミス、手続きミスのことが多いのだが、たまに「年齢詐称」の人もいるので注意が必要。履歴書に、生まれ年だけ2、3年ごまかして書いてきているケースなど。まぁ、その次の社会保険の手続き時に年金手帳を確認するから、大体分かるんだけどさ。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-24 13:38 | 仕事場にて
<< PREP法 障害者の家族:「僕の歩く道」より >>