PREP法

一昨日は次女の夜泣きで30分しか眠れずしんどかったのだが、這いずるようにして、女性起業家支援のマスターコースを受講してきた。

初っ端から、「隣の人と1分間ずつ、自己紹介をし合って下さい」。
一応、研修講師経験のある私、3分バージョンなら用意しているのだが、1分と限定されると戸惑う。伸ばすのは(ある程度材料があるから)比較的容易だが、内容を凝縮させるとなると、ポイントを絞るのが難しい。

その後、講師より「PREP法」の解説。
 P=Point(要点)
 R=Reason(理由)
 E=Example(例示)
 P=Point(要点、繰り返し)
自己紹介でもこれを意識すべし、特に、最後の「P」がないと、「E」だけが相手の記憶に残って、結局何を言いたかったのか分からなくなってしまう、とのこと。
う~ん、そうだなぁ。

論理的な考え方、話し方・・・身につけたい。これがなければ、せっかく知識を仕入れても生かせない。そのためにはやはり経験かな。普段の心がけも大事、かな。
[PR]
by miki_renge | 2006-11-28 22:11 | 仕事場にて
<< 診断実務従事にて:意思決定力低下 個人情報 >>