経理のお仕事

「診断士受験502号室」さんにこんなサイトが紹介されていたので、私も一言。

「経理さんの定型業務」

私は某卸売企業で経理のパートもしている。まぁ経理といってもさまざまな仕事があるが、私の中で一番ウェイトを占めているのは「仕入管理・買掛金管理」だろうか。
我が社の場合、仕入担当者及び在庫管理担当者は別にいるのだが、私は主に、仕入先から送られてくる請求書と、実際の仕入が合っているかを照合する仕事をしている。



もちろん、普通ならこの金額・商品はぴったり合うはずだ。しかし合わないことの方が多い。
単価が違ったり、数量が違ったり、商品が違ったり・・・。
仕入が間違っていると、それを小売に販売するときに間違っていないかもケアすることになる。
単価が違えば、原価割れを心配することになる。
数量が違えば、在庫は適正に保たれているのか心配することになる。
他に漏れが多いのは値引きや返品。
あと、月をまたぐ処理なんかは面倒だ。

こちらが間違っていることも、相手が間違っていることもある。
間違ったままにしておくと、決算(残高確認)のときにとんでもない苦労をすることになる。

コンピュータ管理しているつもりでも、どこかにミスがある。
そのミスをチェックすることも仕事の一つ。
全くもって、心配性になる。割り切ればいいという意見もあろうが、1円でも違えば気になる。経理ってそんなもんだと思う。

全国の仕入管理・買掛金管理担当の皆さん、きっと同じ苦労をされているんだろうなぁ。
頑張りましょうね。

あっ、「ぷっすま」終わっちゃった。ナギスケ勝利おめでとう。
[PR]
by miki_renge | 2004-10-20 00:10 | 仕事場にて
<< 実務能力更新研修 密度で勝負 >>