来年の手帳

今年も残すところあと2週間になった。我が家は金曜日に保育園からのお迎えコールをいただき、機嫌の悪い次女を抱え、たまりゆく仕事を気にしながら、長女と一緒にSMAPのライブビデオなぞを鑑賞している。どうせどこにも出かけられないなぁ、大掃除もできないなぁ。

さて、遅ればせながら来年の手帳を選んだ。選んだのは「ほぼ日手帳」。ブログを通じてお知り合いになった女性診断士さんでも、来年デビューする方が多いように思う(だからつられた、というわけでもないのだが)。

これまでは5年間、「診断士手帳」を使用していた。シンプルで使いやすかったのだが、記入できるスペースが少ないのが気になっていた。またカバーも黒。まぁ無難な色なのだが、もう少し遊び心が欲しいと思っていた。
その点、「ほぼ日」は、1日1ページのスペースが確保されている。これなら仕事の予定も子供の予定も(←こちらの方が圧倒的に多いような・・・)書き放題。
カバーは「シャンパンゴールド」を選択。名刺入れがやや暗めの赤なので、一番コーディネートしやすそうなものということで。
また、六曜や旧暦が入っているものありがたい。月の満ち欠け情報は、天体好きの長女に尋ねられたときに参考になりそう。

毎年、利用者の声を聞きながら改良しているというこの手帳。来年仮に使いづらかったとしても、希望を出せばかなえてもらえそうな気がするというのもよい。
まずは大事に使おう。そして、今年もどうにか無事に終えられそうなことに、心から感謝して。
[PR]
by miki_renge | 2006-12-17 08:34 | 商品・サービス
<< 55歳では遅すぎる? SMAPとKAT-TUNの共通点 >>