「ほっ」と。キャンペーン

ジャニーズの新年

謹賀新年。

毎度のことながら、私の年越しは紅白歌合戦→ジャニーズカウントダウンコンサート。
やっぱり中居くんの司会は落ち着いて見ていられるなぁと感心しつつ、
「ありがとう」の出だしのくさなぎ君の音程が外れなくてよかったなぁと思いつつ、
これならオオトリでもよかったよなぁと、ちょっぴり残念にも感じつつ。

紅白のあとは、その余韻もそこそこにチャンネルを替える。
TOKIO、V6、嵐、Kinki Kids、タッキー&翼、KAT-TUN、関ジャニ、NEWS(!!)といった面々が、自由気ままにヒット曲を歌う。ジャニーズの層の厚さを改めて感じるひとときである。ワイルド系で男性ファンも多いTOKIO(「鉄腕ダッシュ」の影響か?)、若い世代を中心に大ブレイクしたKAT-TUN、色物?関ジャニ∞、昨年アジアツアーを成功させた嵐など、上手にセグメント化されていると思う。

昨年の最後の「日経エンタテイメント」にも書いてあったけど、CDジャケットの種類を複数作ったり、グループをシャッフルしたり、SMAP SHOPをオープンさせたりして^^ ファンを楽しませてくれる。もちろん今日もジャニーズウェブにアクセス。新年のご挨拶を読んでニコニコ。

すみませんねぇ、新年早々何のブログだか分からないような記事で。
今年も懲りずによろしくお願いいたします。
[PR]
by miki_renge | 2007-01-01 19:00 | ジャニーズ
<< 道端で農産物販売 年の瀬 >>