道端で農産物販売

あっという間に正月3日。昨日は「ぷっすまスペシャル」のビビリ王で大笑いし、今日は高校時代の部活動仲間と毎年恒例の新年会。連れて行った子供たちも私の友人(悪友?)たちにかわいがってもらって満足した様子。みんな元気で会えるのが何より。
b0038741_17234421.jpg
元日、近所の神社に初詣に行く途中に見つけた、イチゴの自動販売機。私の実家近辺には、お米や卵の自動販売機がたまにある。農家にとっては、新鮮な農産物を提供できるし、現金収入が得られるし、売れ行きがすぐ分かるのは励みになるだろう。

もう一つ、実家近辺によく見られるのは、農産物や花の無人販売。夏にはよく梨が売られている。私の中学時代、学校に来た市長さんが、「無人販売が成り立つのはすばらしいこと」と言っていたっけ。それから20数年(笑)、まだ存在しているのは商売が成り立っているということ。モラルがしっかり生きているのは嬉しい。
子供たちにも、モラルの大切さはしっかり教えていかないとね。
[PR]
by miki_renge | 2007-01-03 17:36 | 商品・サービス
<< 「スタッフの成長のために」 ジャニーズの新年 >>