クリップは天下のまわりもの?

いよいよ寒くなってきた。いつも朝4時過ぎには目が覚めるのだが、布団からなかなか出られない。いかんいかん、こんなことじゃ・・・。

さて、今日のお題はクリップ(ゼムクリップ)。社労士事務所でよく使われるものといったらこれだ。ハローワークや社会保険事務所に提出する申請書類をまとめるのに使用する。
申請書類は紙一枚書けばよいというものは少数派であり、大抵は添付書類が必要だったり、控えを返却してもらわなければならないものだったりする。これらがバラバラにならないために、クリップが必要となる(←当たり前か)。

このクリップ、役所に書類を提出しても、返ってくるときと返ってこないときがある。役所の窓口も、いちいちクリップを外して整理して返却するような余裕はないだろう。そのため、事務所は慢性的なクリップ不足に陥っている。買っても決して高いものではないのだが、日々大量に使用するとなると、そうも言っていられない。

同僚に聞くと、役所によっては「ご自由にお持ち下さい」と、クリップをカウンターに置いてあるところもあるらしい。しかし私はお目にかかったことはない。役所に行くたびにキョロキョロと見回してみるのだが。

クリップは天下のまわりもの・・・とはいかないようで。
SMAPの「がんばりましょう」の「ツキは天下のまわりもの、めぐりめぐる代物~♪」のフレーズをつい口ずさんでみる・・・でも、目の前にクリップは現れない。手品じゃないんだから^^;
ところで「がんばりましょう」のC/Wって「君と僕の六ヶ月」だったんだっけ。これ、悲しい歌なんだけど曲そのものは明るくて、その分泣けるのよ~。ロッテのCMにも使われてたよね。
[PR]
by miki_renge | 2007-01-26 06:44 | 仕事場にて
<< コンサル女性の働き方 難聴学級ってこんなところ >>