フリーター・ニートへの就労支援

今週月曜日は、所属している研究会の例会。恐れ多くも発表させていただいた。こんなヒヨッ子にも発表の機会を与えていただけるのは本当にありがたいことだ。

テーマは「フリーター・ニートに対する就労支援」。現実的には、フリーターとニートでは「働いているか、いないか」という大きな違いがあるのだが、若年者の就労支援という切り口での発表ということでご理解いただいた。

総務省の労働力調査によると、フリーターは現在201万人でゆるやかな減少傾向にある。一方ニートは64万人で、ここ数年横ばい。
増加の背景には、バブル崩壊後の「就職氷河期」があることは言うまでもないだろう。フリーターやニートの増加が、生涯賃金差2億円とも試算される格差を生み、少子化の原因とも指摘され、今や大きな社会問題となっている。
そのため政府は、ジョブカフェの開設やトライアル雇用の実施など、若年者への就労支援を推進している。先日は国家公務員の中途採用や、雇用対策法の改正(年齢制限を禁止事項とする)などが打ち出された。

個人的には、いったんフリーターになってもまた正社員になれるような、柔軟な働き方ができる社会になればいいと思う。また「正社員=善」「パート・アルバイト=悪」という図式も納得いかない。フリーターやニートには、「甘え」があると言われることから来るものなのだろうが・・・
これからの時代、非正規社員に頼る部分はますます増えていくだろう。だとしたら、フリーターをより肯定的に位置づけ、働きに応じた処遇をしていくべきだと考える。アルバイトやパートが、不当に安い賃金で買い叩かれている状況は改善しなければなるまい。一方で、正社員の長時間労働の改善もセットにして考えないと。

これって、女性を取り巻く雇用問題と同じだよね。
優秀な女性が、時代や環境のせいで希望通り働くことができなくて、結果的に大きな格差が生まれてしまう状況・・・「再チャレンジ支援」で、どうにか改善して欲しいものだ。
[PR]
by miki_renge | 2007-02-23 06:49 | 雇用・人事
<< ファンはCMをチェックする 信念は強い:「華麗なる一族」より >>