「ほっ」と。キャンペーン

ファンはCMをチェックする

先日、マスターコース後の懇親会で話題になったこと。それは「CMに起用するタレントが与える影響力」だ。某社では、超有名タレントをCMに起用したことで、「●●(タレント名)がCMやってる商品を下さい」といって訪ねてくるお客さんが増えたという。商品名ではなくて。

ふと、大学時代のマーケティング論の講義で、先生が、「CMに効果があることは証明されている。しかし、どの程度の効果があるのか、科学的に証明する手段は生み出されていない」と言っていたことを思い出した。まぁ、厳密に「いくら効果があった」と評価することは難しいのだろう。

さて、私の場合。SMAPのメンバーが出るCMは一通りチェックする。
くさなぎくんに関しては、起用した企業のサイトを見に行き、なぜ彼が起用されたか確認する。CMのメイキングがある企業サイトは自分の中ではポイントが高い。
また、CMを捕獲するべく、その企業がスポンサーであるテレビ番組をチェックし、ビデオをセットする。そんな時間があったら仕事しろよ、という突っ込みは置いておいて、このような行動を取るファンは意外と多いのではないだろうか。特にジャニーズ系では。

最近は洗剤はアリエールにした。「ありがとう、君とアリエール」という声を頭の中で反芻しながらする洗濯は、決してつらい家事ではなくなった。
少し前は、ケンタッキーの「香り揚げ醤油チキン」をよく買っていた。
もちろんポン酢はヤマサ(→メイキングはこちら
車は乗らないが、レンタカーを借りる際は必ず「トヨタレンタリース」にするだろう。

そして、これら一連の行動により、その商品の売り上げが伸び、その会社の業績が上がったことが確認できたら、私もそれに貢献できたのだと妙にうれしくなる。こういうファンも、きっと多い・・・はずだ。

企業の広報担当者には、こういうファンも大勢(?)いるということも分かって欲しい。ファンはCMの効果をしっかりチェックしているのだ。たぶんね。
[PR]
by miki_renge | 2007-03-02 14:48 | ジャニーズ
<< アンチエイジング! フリーター・ニートへの就労支援 >>