女性力:「企業診断ニュース」より

今月の「企業診断ニュース」、特集記事の「女性力を活用する」で、執筆させていただいた。
(アドバイスを下さった皆様、どうもありがとうございました。心から感謝。)

女性の労働力の概況についてや、「M字型カーブ」の現実、そしてそれを解消するための施策や企業に今後求められる取り組みについて述べた。
一応、自分ではそれなりに問題意識を持っているつもりだったが、改めてこの執筆に取り組むにあたりさまざまな本(主に女性の体験談)を読み、限られたページで現状と課題を述べる難しさを痛感した(私の文章力の貧弱さによるものが大きいのだろうが・・・)。

女性と一口に言っても考え方は十人十色。置かれている環境も違う。どの選択が正しくて、どの選択は間違っているかなんて、誰にも分からない。ただ一ついえるのは、本人が自信を持って選択した道は、きっと正しいのだ。
もっとも、「自信を持って選択」することができない現状が問題なのだろうが・・・選択肢がすごく少なかったり、押し付けっぽくなっていたり。働き続けるにしても、専業主婦になるにしても。

この記事が将来、「女性だからってこだわるなんて、昔の人っておかしなことを考えていたのね~」と思われるようになることを願いたい。
世の中、きっと変わるはず。

(追伸) 私の紹介文の箇所、誤植がありました。4月号に訂正文が載ります^^;
[PR]
by miki_renge | 2007-03-08 11:19 | 女性と仕事
<< 共働き家庭における小学生 アンチエイジング! >>