年度末に考えること

年度末。
仕事は忙しい。勤務先の社労士事務所では、年度末退職の方の離職票を書き、4月入社の方の社会保険取得手続きの準備をして。個人としては内定者教育のお手伝いの総仕上げ。
プライベートでは、長女の1年生での成果物のお片付け、次女の保育園の進級準備(お昼寝布団のシーツの名前付け、大変だった)、等々。

なのに、一昨日夕方より次女、吐きまくり。抱っこしてなだめたものの、頭からゲロシャワーを何度も浴び(汚くてすみません)、こっちまで疲れた。もちろん保育園はお休み。お世話になった0歳児クラスの先生が他園へ異動されるというのに、挨拶すらできなかった。また、今日からほんの少しだけ実家に帰ろうと思って切符まで取っておいたのだが全てキャンセルだ。

落ち込んでいたところへ、今日の「王様のブランチ」(TBS系)。
くさなぎくんが、「Okiraku」の宣伝をしていた。曰く、「誰も見てないと思っていても、一所懸命やっていれば必ず誰かが見ていると思う」「これからも誠実に仕事をしていきたい」と言っていた。本にも、「マジメに生きていれば必ずいいことがある、そう信じて生きて生きたい」と書いてあったっけ。
そうだよね。つらいこと、理不尽なこと、たくさんあるけど、前を向いて生きていこう。嫌なことがあったら、「ぷっすま」でも見てナギスケのぐだぐだぶりを笑うことにしよう。
→「Okiraku読みどころナビ」もチェック!

来年度はPTAの役員も、保育園の役員もある。頑張らなきゃね。
そして今年1年お世話になった先生方、お友達に「ありがとう」。

NTT東日本のCMでSMAPが「旅立ちの朝に」を歌っているが、あんな先生がいる学校があったら子供を入学させたいよ。4人で並ぶと壮観だよなぁ。泣く慎吾もいいけど。
[PR]
by miki_renge | 2007-03-31 17:06 | ジャニーズ
<< コンビニのコピー 女の敵は女?:保育園入園編 >>