ブラックフォーマル

新学期。長女も昨日から2年生。新しい1年の始まりだ。
なのに夕方、私はブラックフォーマルを着て、その長女を連れ、通夜に向かった。長女のクラスメートのお母様が亡くなったというのだ。しかも彼女はシングルマザー。一人で頑張りすぎてしまったのだろうか。たった一人残されたそのクラスメートの男の子が、遺族席にちょこんと腰掛けているのを見て、涙が出てきた。
彼女の冥福を祈るとともに、そのクラスメートをこれからも精一杯応援していきたいと思う。

このブラックフォーマルを着るたびに思い出すこと。これを購入したのは就職1年目、勤務先の役員のお母様が亡くなり、葬儀のお手伝いにいくことになったとき。私はブラックフォーマルを持っていなかったので、その前日の夜、急いで買いに行った。
残業を早めに切り上げ、某百貨店の閉店間際に売場に駆け込んだ。だが、予算・・・というより財布の中のお金で購入できる服がない。困った。もう他の店を回る時間はない。今夜中に用意しないといけないのに・・・
と、相談に乗ってくれた店員さんが、「そういう事情でしたら、少しくらいオマケしますよ」と言って下さった。確か千円くらいだったと思う。ありがたかった。
後になって、なぜすぐマケてもらったお金を支払いにいかなかったのだろうと後悔。まだ間に合うかな・・・

そうそう、この春新たに人事担当になった方、ブラックフォーマルは必須ですよ。私の同僚の人事担当者も、「この部署に配属されてまずやることは、ブラックフォーマルを買うことだ」と言われていたっけ。時間に余裕のあるときに是非。
[PR]
by miki_renge | 2007-04-07 07:47 | 商品・サービス
<< 「国民年金未納マニュアル」 コンビニのコピー >>