生地屋さん

昨日は午後、地元の診断士会の総会に参加。次女出産以来ご無沙汰だったが、今回久々の参加。地元の皆さんとの付き合いは、他の診断士のグループとは一味違う。安売りのお店を教えていただいたり、保育園について情報交換したり。細くても長く付き合っていきたい。

帰り道、商店街に生地屋さんを発見。あぁ、こんなところに布が売ってたんだ~!
実は昨年来、長女の小学校&次女の保育園のバッグやらシーツのあて布やら、様々なところで「布」が必要だったのだが、なかなか布を売っている店がなく、電車やバスであちこち巡ったのだ。
数軒巡って思った生地屋さんの共通点として、
・生地が所狭しと立てかけてあり、通路が狭く、非常に取り出しにくい。
・雑然としている。
・取り出してもらうのに店員さんに声をかけなければならない。
 店によっては店員さんは迷惑そうな顔をする(競争が少ないから?店員教育いい加減)。
ということを感じた。これからも生地屋さんにお世話になることは多々あるだろうに、行くたびに憂鬱になるような生地屋さんは嫌だなぁ、と思っていた。

昨日入った店は、確かに両側の壁の棚に生地が並べて入れてあるが、非常に整頓されているので見やすかった。また、店の中央には糸やゴム、紐などがケースに入れて並べられている。さらに店頭にはハギレや、手作りの袋が。これがかわいらしくて思わず見入ってしまう。
そう、生地って見ているだけでも楽しいもの。お菓子屋さんと同じだよね(←違う?)

ということで、長女のためにディズニープリンセスの袋を購入(布から作らなくてごめんなさい)。図工バッグにしてもらおう。

レジでも店員さんがニコニコ対応。
整理整頓してあるお店って、気持ちいいな。いいお店が見つけられてよかった。
[PR]
by miki_renge | 2007-04-29 08:15 | 商品・サービス
<< 時間の感じ方 制度の充実より優先すべきこと >>