新人歓迎会など

昨日は、所属する診断協会の支会の新入会員歓迎会と総会に参加してきた。

まず新入会員歓迎会。新人さんが若いこと、IT系が多いことにまずびっくり。私が登録した7年前は、「若さは 周囲との差別化になる」と言われたように記憶しているが、今ではそうもいかないだろう。むしろ、定年起業の方が「経験豊富」をウリにできるかも。実際に私の周囲でも、定年後に資格を取って独立(?)され、活躍されている方はたくさんいる。

先輩診断士の経験談については、私も「うんうん」と思いながら聴いた。こういうところで出てくる話題は、やはり「人脈の大切さ」と「自己管理」が2本柱だろうが、私は後者の方がはるかに大事だと思う。特に独立したら。健康に関して言えば、会社にいたら労災もあるし、休業補償も受けられたりするが、独立して身体を壊したらイコール「収入ナシ」だものね。怖いよ。

歓迎会のあとの総会も無事終了。昨日は懇親会まで参加。ご無沙汰している先生方にご挨拶するとともに、新人さんたちとも名刺交換。何人かの新人さんから、「子育てしながら診断士活動するのって大変ですか?」と質問された。まぁ、そりゃ大変だよね。もっとも私は、今は子育てに重点を置いているので、希望に満ちている新人さんたちに有益なアドバイスはできないのだが。

懇親会後、まっすぐ帰宅。2人の娘が夫に馬乗りになって遊んで(?)いた。お風呂も済み、洗濯物もたたんであった。今日は昼の12時から夜9時まで家を空けていたんだっけ。そういえば懇親会で何人かの方から、「旦那さん、理解ありますね」と声をかけられ、「と~んでもないっ!」と(日頃の役割分担バトルを振り返って)言ったりしていたのだが、やはり私は恵まれているんだなぁと猛反省した瞬間だった。
でも、今日は夫が一日家を空けてるんだけどね(苦笑)。
[PR]
by miki_renge | 2007-05-13 10:53 | 仕事場にて
<< PTAの講演会にて 管理職も大変 >>