年の差姉妹

エキサイト、何だか表示が上手くいかないぞ。明日、メンテナンスするみたいだけど。

私の娘2人、小学2年生と1歳。今日はこの「年の差姉妹」について書いてみる。
6学年も離れていると、「お姉ちゃんが面倒見てくれてラクでしょ?」とよく声をかけられる。が、私は「と~んでもないっ!」と返事をしている。確かに、次女が歩き始めるまではラクだった。長女も赤ちゃんが嬉しかったのだろう、かわいがってくれた。しかし今は、次女に自己主張が出てきたこともあり、ケンカばかりだ。たまに、本気で殴り合っている。怖い。

ということで、6学年差姉妹のメリット・デメリットを挙げてみたい。

<メリット>
●保育園が重なる時期がない!仕事をしていると特にこれは大事。
 何しろ、姉妹を同じ保育園に入れるのはかなり困難。姉妹別園は大きな負担だ。
●今はケンカばかりだけど、次女の物わかりがよくなったら、長女が面倒を見てくれる?
●長女の用事に次女を連れて行くと、長女の友達が「かわいい~」と声をかけてくれる。
 次女の存在だけで長女が人気者に(笑)
●逆に、長女が次女の保育園に行くと、保育園児達が「オネエチャン」と寄ってくる。
 長女、まんざらでもない様子。

<デメリット>
●一緒に遊ぶのは無理。長女が作ったものは次女がもれなく壊す。
 (もう少し大きくなったら変わるかな?)
●長女の洋服のお古はすぐに次女に回せない。
 捨てるのももったいないが、保管場所をとってしまう。
●長女の育児があまりに昔過ぎて、忘れていること多々あり。
●小学校の母を12年やることになる^^;
●気を抜くと、長女の教科書やノートに、次女の落書きが^^;

まぁ、私が早産体質ということや、長女にハンディがあること、さらには私の仕事の都合もあり、年齢をあけて産まないと大変なことになる、と分かっていたのでこれだけ離さざるを得なかったが・・・ないものねだりで、仲良く赤いランドセルを背負って登校する姉妹を見ていると、妙にうらやましく感じたりするのだ。だってうちは、次女が小学校に上がるときは、長女はもう中学生だから・・・これはホント、残念。

今から3人目? それはあり得ないなぁ。年とったもん。産むのも大変だけど、ホント、育児は体力勝負。若い方がいいよ(←力説) 長女の同級生のママさんの中では私はほぼ平均年齢だけど、次女の保育園では「お年を召した」存在。10歳以上年下のママたちの肌のハリ、つい見とれちゃうもの(←危険人物)

・・・あらら、「ぷっすま」見てたら遅くなっちゃったよ。何なんだあの「トノサマガエル」って?「ぴょん吉」って? >くさなぎくん  
最近の結婚披露宴って、いろんな演出があるのね~巨大クラッカー、チョコレートフォンデュ、フェアリーイリュージョン・・・大熊アナの名司会に泣けたわ(嘘)
[PR]
by miki_renge | 2007-06-13 01:09 | 家族・育児
<< 研修の目的 ダメ会社 >>