ドタバタの夏休み初日

今日から長女は夏休み。母は朝からバタバタでもうヘトヘトだ。

まず、朝からお弁当作り。実は先週、お弁当作りの強い味方「電子レンジ」が無情にも壊れてしまった。15年ばかり使ったので寿命なのか・・・修理を待つ余裕はなかったので、近所の電器店に注文・・・が、在庫がなかったので今日は「完全手作り弁当」であった。

さて今日の長女の予定。朝9時から学校でプールと英語の授業、その後学童保育に行くはずだった。ただ、プールはやるのかどうか、微妙な天候。学校のプールは、雨天ならば正門にそれが掲示されるため、8時15分に夫に見に行ってもらった。中止の掲示はされていなかったので、長女を学校に送り出し、私は次女と保育園へ。

私は午前は人と会う予定があったのだが、用件が終わった直後、携帯が鳴った。学童保育の先生から、「お子さん、学童に来ていないのですが・・・」
へっ?今って、学校でプールが終わって英語が始まる時間じゃないの?学童に行くも何も・・・
聞くと、プールは結局中止、英語までに時間があるので、一度学童に来ると思ったと言う。そうか、プールをやるものだとばかり思っていたから強調しなかったけど、プールが中止の日は学童に直接行くべきだよね・・・

急いで仕事から引き返し、学校に行ったら長女は無事にいた。そのまま待っていたのね。
はぁ、一安心。

ついでに、学校の職員室に寄って聞いてみた。
私「プールが中止になったときは英語の時間まで待たせていただけるんですか?」
先生「いえ、原則は自宅に帰ってもらいますが、個別事情もありますので・・・(自習室は開放されていたらしい)」
私「学童の子供は学童に行って、また出直してくる、ということでいいのでしょうか?」
先生「学童のお子さんですか・・・そこまでは考えていませんでした」

まぁ、夏休みも学童に行く子は、学校にとっては例外的存在。学童の子供の居場所確認までは頭が回らないんだろうな。自己責任を徹底させなければ。
ちなみに、プール中止の案内が学校前に掲示されるのは朝8時40分頃なのだそう。中止なら学童への送りという「仕事」が発生する。しかし時間的に無理だ。

・・・何だか、綱渡りの夏休みですなぁ。
長女に気を取られ、次女の保育園のお着替え一式忘れて行っちゃったよ。ごめんなさい。
[PR]
by miki_renge | 2007-07-23 13:37 | 家族・育児
<< 技能マップ リンスインシャンプー >>