新幹線の中でぼーっと考えた

ただいま実家に逃避行中。実は仕事がたまっていて、3連休は実家の両親に子供達を見てもらおうという、何とも甘えた計画・・・と言っても、往復7時間もかけて、お金もかけて、かえって大変だという説もあるが^^;

さて、昨日は所属している診断士グループのミーティング。まずそこで、確か6年前にお会いしてからずっと尊敬していた先生と再会する。ちょうど私より10歳年上の女性の先生、「どんな経験も無駄にはならない」と話すそのお姿を拝見し、こちらも改めて勇気付けられた。

この先生とは別の女性診断士(彼女は私と同世代、頭のキレは抜群)から面白い本を借りていた。「会社でチャンスをつかむ人が実行している本当のルール」という、 福沢恵子さんと勝間和代さんが書かれた本。10年前に読んでおきたかったなーとも思ったが、今でも納得できる内容だった。

ページを開くと、「本音を真正面から言わない」「攻撃されたら反撃せよ」「"社内政治"を活用しよう」などという刺激的?な見出しが並んでいる。でも読んでみると、あぁそうだよね、と思う。女性は「人から嫌われてはいけない」という教えを受けていることが多いが、無理して嫌われないでいるために多くのものを失っているのでは?というくだりにはドキッとした。
別に万人に好かれる必要はないんだよね・・・

また、「出産育児を当然の権利と考えない」という箇所は、今の若い女性に勘違いしないで欲しいという点で同感。その間、会社の戦力にならないことは紛れもない事実。出産育児を経ても戻ってきて欲しい人材と評価されることが大事だよね。企業の社会的責任と言っても、利益を上げたい企業がシビアに見るのは当然。私は残念ながら実力がなかったから、出産退職せざるを得なかったけど。

日々仕事に追われる毎日、ときどきは立ち止まって周囲からヒントを得ることは重要だなぁ・・・
そういう余裕がなきゃ、いい仕事はできないなーと、新幹線の中で思ったりして。
[PR]
by miki_renge | 2007-09-22 10:02 | 女性と仕事
<< ロボコン お酒を一緒に飲みたい部下? >>