地域の行事を知ってほしい

このところ、立て続けにある子供達の運動会やら行事。
長女の運動会のときは、観戦中の次女が「喉が渇いた」とぐずるが、既に水筒は空っぽ。急いで近所のコンビニへ。でも、似たような客が多かったのか、次女が大好きな「午後の紅茶」のペットボトルは残っていなかった。他の飲み物類も品薄。まぁ、購入できたので問題ないのだが。

次女の運動会。私はうっかりレジャーシートを忘れてしまった。取りに帰る時間はない。やはり急いで近所の小さな雑貨店に駆け込む。すると、あったあった。店員さんは「こういうお客さんが例年多いんでね、今月は特に多く仕入れておいたんですよ」と言っていた。ありがとう!
実際、運動会の会場を見回すと、同じ柄のレジャーシートがちらほら^^;

地域密着型のお店を考えるならば、地域の行事を知っておくこと、そしてそれに即した仕入れ、品揃え、さらにはプロモーションを考えることは必須だと思う。学校が近所にあれば、運動会や遠足などの行事は押さえておいて欲しい。それくらいはいくらでも調べられるだろう。
単品管理が難しくても、年間の売り上げの傾向をざっくり把握するだけで、対応できると思うのだが。

それにしても、遠足の前って海苔類(おにぎり用)や卵、ウィンナー、もしくは冷凍食品(苦笑)がどれだけ売れるんだろう? スーパーに潜入取材したいな。

似たような視点で、今週の「合同会社夢をカナエル」のメルマガを書いています。こちらは靴屋さんですが。
[PR]
by miki_renge | 2007-10-24 06:19 | 商品・サービス
<< メディアの取捨選択 睡眠時間 >>