家事代行サービスお掃除編

先日、初めて家事代行サービスなるものをお願いした。内容は「水まわりのお掃除」。

普段は、「主婦たるもの、掃除くらいしっかりしなくては!」と思っているのだが、思っているだけで全く実行に移せない日々が続いていた(だって忙しかったのよ・・・言い訳)。当然、部屋は廃墟状態。しかも子供たちは廃墟で遊び、さらに状況は悪化。
そこで、フリーペーパーに掲載されていた家事代行サービスへ依頼することを決意した。先日は自分の誕生日、自分への誕生プレゼントは時間ときれいなお風呂とトイレと洗面所。
その会社さんは2時間+出張費で6,800円(ただし掃除用品はこちらで用意)。今年はSMAPのライブビデオも出ないし(泣)、予算はそれを流用すればよい。

ドキドキしながら電話したら、てきぱきした感じの女性が対応してくれた。うーん、こういう対応があれば安心できる。電話した日から5日後にお願いできた。

さて当日、約束時間の10分前に現れたのは、私より少々年上の誠実そうな女性。早速廃墟を確認してもらい(恥ずかしい)、取り掛かっていただく。私はその間リビングで仕事をしながら、お風呂から聞こえるシャワーの音に耳を傾けていた。一応気になったから。

2時間後、「終わりました~」との声。おおっ、さすがきれいになっている!お風呂なんてピカピカよ。水回りがきれいっていいことだよねぇ、しばし感動。
丁寧に御礼を言い、代金をお支払いした。彼女は、「いえ、奥様が言われるほど汚れてませんでしたよ」と言って下さる。「奥様」、って私のこと?きゃ~!

ともあれ、誕生日のささやかな贅沢を堪能した。でもこれに慣れちゃったら、年末もお願いしてしまうかも知れない・・・懐具合は大丈夫なのか? だって12月はここに行かないと。
[PR]
by miki_renge | 2007-11-25 07:41 | 商品・サービス
<< フリーマーケット 労働法の基本書発見 >>