師走の風景

昨日は午前中、仕事でちょっとだけ郊外へ。待ち合わせの時間より早く到着したので、近くのデパートを覗いてみる。中はすっかりクリスマスモード。入り口正面には「今年のプレゼントにいかがですか?」と、ハンカチや装飾品、オモチャなどがショーケースに入って並べられていた。ファッション売場は冬色。厚手のコートが暖かそう。

午前の仕事が終わったら急いで長女の小学校へお迎えに。実は昨日は、長女の聴力検査の日。年に3回、総合病院の耳鼻科で検査をしてもらっている。憂鬱な日だ。
時間がないので、学校前でタクシーを拾う。あぁ初乗り710円。病院の入り口で1250円、「ここで降ろして下さい」と運転手さんにお願いしたのだが、運転手さん、「もう少し奥まで行きましょう」・・・あっ、メーターが上がってしまった!こういうときって、どう言えばいいんだろう。

聴力検査の結果は、相変わらずよろしくない。しかも検査のたびに数値は微妙に落ちている。「ピッピッピッ」と狭い聴力検査室に響く検査音、長女のイヤホンから漏れて大音量で聴こえてくるのに、長女は全く反応せず。ホントに聴こえないんだなぁ。
救いは、主治医の先生(素敵な女医さん)が非常にフレンドリーで、的確に対応して下さること。お医者さまとの関係って、つくづく大事だと思う。診察室を出るとき、明るく「良いお年を!」と言って下さった。先生こそ、良いお年を。

帰りはバス。この病院のそばにはいわゆる「名門女子校」があり、たくさんの患者さんに混じって、たくさんの生徒さんが乗車してくる。恐らく期末テストが終わって、開放された気持ちなのだろう・・・バスの中、かなりうるさい。バスの運転手さんが、「ドアのそばには立たないで」「もう少し静かにして」と何回か注意していた。運ちゃんも大変だな。

さて、今日はこれから長女の難聴学級の付き添いだ。仕事も終わらないので今日はPC持参、廊下で仕事を決め込もう。寒いけど^^; 今年の仕事、今年のうちに!
[PR]
by miki_renge | 2007-12-13 14:02 | 商品・サービス
<< 師走の風景(表参道編) 「僕の生きる道」 >>