代替案は検討したの?

このブログは銀行関係者の方も読まれているかも知れないので、あまり悪くは書きたくないのだが・・・最近、腹立たしかったこと。

住宅ローンの手続き(初めの3年固定金利期間が終了する。放っておくと変動金利に移行となるため、10年固定金利に変更)のため、先日、夫と銀行に行った。この銀行、マンションを購入するときに業者が指定したもので(だからこの時点で選択の余地はなかった)、自宅からは結構遠い。夫も私も、仕事をやり繰りしてどうにか時間を作った。

銀行では若い女性行員の方が応対してくれた。
彼女、まぁ一生懸命説明してくれるのはいいのだが、西暦→和暦換算の記載を間違えたり、何か質問しても「確認してまいります」としばらく戻ってこなかったり、と、ちょっと心配だった。でも、とりあえず無事に手続きを終え、ホッとしていたところ・・・

その日の夜、夫が「銀行から電話がかかってきてさぁ、あっちのミスで書く場所を間違えたらしくて、訂正印を押しにもう一度来い、ってさ」と言う・・・向こうのミスなのに、何でこっちから行かなきゃいけないんだ?時間もお金もかかるのに。

翌日、その行員さんに事情説明を求めるべく、電話してみる。ダメモトで、「どうしてもそちらにおうかがいしなければならないんですか?郵送ではダメですか?」と質問したところ、
「少々お待ち下さい、上の者に確認してまいります」
・・・ここで私はプチンと切れた。自分のミスでしょ?客側に負担をかけないように、事前に代替案を検討したんじゃないの?検討して、どうしても難しいから「来行下さい」って言ったんじゃないの?郵送でダメなら、そっちが我が家まで来なさいよ!

その旨をできるだけソフトに話すと(でも怒ったぞ)、相手は、「すみません、すみません」を繰り返すだけ。「このまま放っておいたらどうなるんですか?」と聞いたら、「今回の手続きは全てなかったことになります」とのお返事。こちらにとって不利な条件になるってことか。イジワルな私、「じゃぁ、今から他の銀行に乗り換えてもいいってことですね!?」と言ってしまった。
結局、「郵送でもいいです」と言うことになったのだが・・・

ミスは誰にでもあると思う。ただ、どうしたらそれをリカバリーできるのか、それなりの代替案を検討した上で連絡して欲しかった。まぁ、相手の出方によって対応を変えたのかも知れないけど。
[PR]
by miki_renge | 2008-02-05 05:39 | 商品・サービス
<< サラリーマン川柳(平成20年) 独立への道:「企業診断」2月号より >>