訃報にショック

お昼にネット巡りをしていて、知った訃報。
社労士の岸本ひろみ先生が、今月14日、亡くなられたとのこと。本名よりは、「なにわの元美人特定社労士」さんと言った方が、ピンと来る方も多いかも知れない。

私は岸本先生とは全く面識がない。ただ、先生のことは、社労士受験生時代から「最短最速合格法」のサイトで存じ上げていた。プライベートなことはあまりご自分でも書かれていなかったようだが、社労士になる前はいわゆる「国民年金3号被保険者」で、家庭を持って、頑張っていらっしゃるらしいということは分かった。
先生のブログには、何回かコメントさせていただいた。いつも丁寧なお返事を下さった。密かに憧れていた先生からお返事をいただけるのが嬉しかった。

今年1月からは更新が止まっていたブログ。てっきりお忙しいのかと思っていた。しかし、実は少し前から体調が悪かったらしい。
そんなこと、ブログからは全く伝わってこなかった。これがプロ、ということか・・・自営業者は、「健康不安」をお客様に印象づけてはならない(もちろん、本当に無理なら誰か信頼できる人に任せなければならないが)。最後の最後まで、気力を振り絞ってお客様のために働いた、ということか。

改めて、厳しい世界だ。そして、岸本先生は強い人だ。
身体もつらく、精神的にもどんなにかしんどかったろうに。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by miki_renge | 2008-02-28 14:05 | 資格・勉強
<< 読み合わせ 「中小企業も診断士も変わるべし... >>