障害者雇用の拡大に向けて

昨日は、㈱福祉ベンチャーパートナーズ様が主催する、障害者の就労支援に関するシンポジウムを聴きに行った。タイトルは、「障がい者があたりまえに働けるニッポンを作ろう つなげること つたえることで広がる就労機会拡大の可能性」。実際に就労支援の現場でお仕事されている方の講演と、就労支援に関する調査報告が行われた。

前半の講演は、まさに目から鱗が落ちることばかり。講師は精神障害をお持ちの方の支援をしている方だが、知的障害や身体障害の方の就労支援にも共通する内容が多かった。
また、後半では、障害者がインターンシップに行ったことで得られた結果についての報告が興味深かった。インターンシップは、障害者自身にとっても、「社会体験」として必要なのだろうが、これまで障害者雇用をためらっていた企業にとっても「知る」という意味で有益なのだと感じた。

受け入れる企業の側も「腫れ物に触るように」ではなく、かと言って「どうせ戦力として考えていないんだから」と下に見るのでもなく、ごくごく自然に対応できばいいのだと思う。もっとも、その前提として、障害者の側から、自分のできること・できないことを明確に伝えることが必要だが。「障害のことを隠して就職すると離職率が高くなる」というのはもっともな話(でも軽度~中等度の難聴者にはこれが多いと聞く。精神障害だったら、無理解や偏見もあるだろうし、さらにその傾向はあるだろう)。

うらやましいと思ったのは、今回の報告にあった就労支援の現場では、「医療」「保健」「福祉」「労働」の分野(各機関)でしっかり連携が取れていること。
翻って、うちの長女の場合。生まれてからこれまで、NICU、各専門病院、保健所、療育施設、保育園、学童保育、もちろん普通学級や特別支援学級にもお世話になっているが、それぞれの壁の厚さに何度悩んだことか。でも、あまり言い過ぎるとモンスターペアレントになってしまうと思って主張できない。しかし、これがずっと続くとなるとしんどい。
長女が就職する頃には変わっているだろうか。いや、変えていかなければならないよね。

シンポジウムの中で、「障害者が働きやすい職場は、誰にとっても働きやすい職場になるはず」という言葉も響いた。障害者を受け入れるに当たっては、企業側も必然的に、「どう対応する?」「どんな仕事をしてもらう?」ということを考える。仕事や職場を見直すその過程って、大切だと思う。
[PR]
by miki_renge | 2008-03-25 06:21 | 雇用・人事
<< 「産まない理由」 本を読もう:「プレジデント」より >>