ベルサッサ

昨日は、日中は社労士事務所勤務日だった。
夕方は次女の保育園の保護者会、さらにその後は所属する支会の理事会が予定されていたため、同僚に、「今日は私、悪いんだけどベルサッサするね」と声をかけた。

同僚(複数)、「・・・・・」。
そのうちの1人、28歳の女の子(とーってもかわいい)が、「ベルサッサって何ですか?」と聞いてきた。えーっ分からないの!? ベルサッサといえば、定時ですぐに帰ることでしょう!?

ちなみに彼女の世代では、「ピンポンダッシュ」と言うらしい。

この事務所では、年齢的には私が頭一つリード(私より「お姉さん」も1人いるが)。
干支が同じ(つまり一回り違う)男性の同僚、実は10歳年下の女性の同僚などが、仕事中、「あぁ疲れた、もう若くないから」とこぼすのを聞くと、蹴りを入れてやりたくなる(笑)。
でも若いっていいなぁ。28歳なんて、私が「仕事をどうしようか、子供も欲しいし・・・」と一番悩んでいた時期だ。悩むほどに仕事も充実していたんだよなぁ。

さて、実際に仕事をベルサッサして、保育園の保護者会に出席して知った驚愕の事実。
保育園の前の空き地にマンションが建つらしい。ええっ、もう今の日当たりは確保できないってこと!? もしかしたら、真っ暗な保育室で3年間過ごすことになるの!? これからどうなるんだろう・・・
[PR]
by miki_renge | 2008-04-26 07:06 | 仕事場にて
<< 不思議なおにぎり屋さん? 中国の労働契約法 >>