「ほっ」と。キャンペーン

「感謝カンゲキ雨嵐」@24時間テレビ

週末は日本テレビの「24時間テレビ」にかじりついていた我が家。
メインパーソナリティが嵐と決まってからは、毎日長女と楽しみにしていた(笑)。
この企画についていろいろな意見があることは知っている。偽善だとか、障害を見世物にしているとか、感動の押し売りとか。でも、障害者やその家族の気持ちをどんな形であれ知ることは意義あることだと思うし、メディアによって大きく取り上げられることが、知るきっかけになればそれでいいのではないだろうか。

私は知ってほしいよ、長女のハンディのこと、何に苦労しているかということ。それでいじめが少なくなって、理解してくれる人が増えれば本当にありがたいよ。

さて、さまざまなコーナーで特に心に残ったのは、白血病で亡くなられたカンニングの中島さんの闘病生活のことと、SPEEDの今井絵里子さんの、高度難聴の息子さんのこと。
それからエド・はるみさんも素敵だった。ゲリラ豪雨のなか、よく走ったよね。いくつになっても夢は叶う、その通りだと思う。

その他、ごろーさんの過去の「クレソン収穫お手伝いでよろける」お宝映像などもあったが、何よりのサプライズは、嵐のメンバーへの「ニノのお手紙」だろう。「出会えてよかった」、そう思える人が身近にいるって、とっても幸せなこと。
4年前は「相葉ちゃんのお手紙」で号泣していた嵐。大人になったねぇ。

嵐に感謝。出会いに感謝。感謝カンゲキ雨嵐。
[PR]
by miki_renge | 2008-09-01 06:55 | ジャニーズ
<< シュガー社員 「会社の品格」 >>