社労士試験合格発表

そういえば、昨日は社労士試験の合格発表だったんですね。
合格された皆様、おめでとうございます。私も去年のことを思い出しました。

ただ、合格基準を見て気になったこと。
それは健康保険法の選択式問題で、5点満点で1点しか取れなかった人が「救済」されているのだ。
社労士試験の合格基準は、各科目とも一応、選択式は5問中3問以上、択一式は10問中4問以上正解すること、とされている(選択式は8科目、択一式は7科目)。基本は総合点で見るが、「足切り」があるということだ。
「一応」というのは、年によって問題の難易度が異なるため、科目によっては足切り基準の緩和、すなわち「救済」が行われることがあるため。ほぼ毎年、何らかの科目で救済が行われている(らしい)。

今年は確かに、選択式の健保が難しかったと聞いていた(もっとも、テーマであった高額医療費については、昨年も出題されていたし、マスコミでも何度か取り上げられていたので、すご~く難問、というレベルでもなさそうだったが)。それでも、5点満点で1点の人まで救済する必要があったのか、ちょっと疑問。
ちなみに合格者数は過去最高、合格率は9.4%でここ10年で最高。

社労士の先輩や仲間が「これじゃ粗製濫造だよ」と怒っていたが、その気持ちもちょっとは分かるなぁ。まぁ、合格した方にケチはつけたくないけどね・・・
まぁ、受かってからが本当の勉強だと考えれば・・・
[PR]
by miki_renge | 2004-11-13 18:11 | 資格・勉強
<< 紀宮さまついにご婚約 女性はいつも後ろめたい? >>