ねんきん特別便

昨日は、次女の保育園の運動会だった。長女のときは雨の影響を受け、「午後の部は後日実施」という展開となったが、次女は晴女なのか、とーってもいいお天気。長女の小学校の校庭を借りて実施した。
だけど、保護者競技はかなりハードだった…

さて、帰宅したら届いていたのが「ねんきん特別便」!
社労士事務所での相談件数が増えているのに、私のところにはなかなか来ない…と、ちょっと心配になっていたが、やっと来た来た!
早速開封。うん、問題ない。

同封されていた「お知らせの見方」も、思ったより丁寧ではないの。
いろいろ批判もあるけれど、舛添さんも頑張ってるよね。
…この「特別便」だって、国民の血税?保険料?から出されているんだけどさ。

ただ、気になったのは「標準報酬月額」。案内には、「標準報酬の内容を確認したい場合はお問い合わせ下さい」とある。まぁ、問い合わせは可能なんだろうけど、それを確認する術ってのはあるのかなぁ。
先日の報道で、「標準報酬が5等級以上引き下げられているケースが75万件」とあった。5等級といえば、単純計算で10万円。それくらいなら、問い合わせれば自分で「おかしい」と分かるだろうけど、2,3等級くらいのごまかしなら、分からないだろうな。

年金問題。国にも問題があるだろうが、企業の側も「遠い将来のことだから」と認識が甘い部分が相当あったのだと思う。自分の将来の財産を守るためには、企業の人事担当部署を信じ切らないこと-なんて悲しい。
[PR]
by miki_renge | 2008-10-19 07:58 | 年金・保険
<< 医療保険一元化の可能性は? 非正規社員も気持ちよく働きたい >>