最近の雇用ニュースより

師走、師走…忙しいですなぁ。そして夫も忙しいらしく、明日も出勤だとのこと^^; でも、忙しいというのはありがたいこと。
さて、最近気になった雇用に関するニュースを何点か。

残業代割増率引き上げ 改正労基法が成立
おおっ、ついに決まったか。2010年4月から、これまで一律25%以上だった残業割増率が、残業時間ごとに3段階で設定されることになる。月45時間までは25%以上、月45時間超-60時間までは25%より引き上げるよう労使で協議、月60時間超は50%以上。
…給与計算、複雑になりそう^^; 社労士と給与計算ソフト会社は稼ぎどき?

厚労省、内定取り消し企業名公表へ
相次ぐ経営悪化に伴う内定取り消し。学生にとってはとても気の毒な話。でも、企業も断腸の思いだろう。少なくとも軽々と行った行為ではないはずだ。
ここで企業名を公表したら、ますます企業イメージが悪化して、経営面でも追い込まれると思うのだが、これもペナルティということで仕方がないのだろうか。

「<厚労省>6割の部署が午前0時まで残業 3時以降も26%」
今、問題山積だから仕方がないのだろうか。でも、11月は「労働時間適正化キャンペーン」月間でもあったんだよね。これも「仕方ない」で済ませていいものだろうか…でも、これで普通に定時で帰宅していたら、やはり複雑な気持ちになるだろう。そう考える私はやはり古い人間か。
最近、厚生労働省は電話が非常につながりにくくて、個人的には困っている。

さて、雇用とは関係ないけど、おまけ。
「小中学校は携帯電話禁止 橋下知事、『依存』対策」
自治体がやることか?という議論はあるとは思うが、趣旨は理解できる。ちなみに長女の小学校も原則として携帯持ち込みは禁止。どうしても必要な場合、学校の許可が必要。
「なくてはならないものになっているのだから、今から付き合い方を教えていくべき」という話もあるが、まぁ、無理して今から教えなくてもいいんじゃないか。英語やコンピュータと一緒で、必要に迫られれば覚えるでしょ。それよりも子供の頃は、人付き合いとかコミュニケーションの基本について学んでいくべきではないかと思う。携帯なんて、あくまでツールに過ぎないんだから。
[PR]
by miki_renge | 2008-12-05 17:11 | 雇用・人事
<< さよなら、ノンタン 師走 >>