2004年 11月 07日 ( 1 )

保育園のクラス懇親会

昨日は、保育園のクラス懇親会があった。
私は役員なので、企画や準備でしんどかったが、周囲の皆がフォローしてくれて随分助かった。終了後も「お疲れ様、仕事も忙しかったのに大変だったでしょ」と労っていただき、本当にありがたかった。
正直なところ、通っている障害児施設の役員としては、「それくらいやって当然よ、働いてるからって甘えんじゃないわよ」と言われることが多いため、救われる思いだ。

懇親会が終わったあとは、有志で近所の公園へ昼食を兼ねて遊びに。
自分達の仕事のこと、子供のこと、学校のことで3時間くらいしゃべっていた。
とてもいい雰囲気のクラスなのだが、小学校はバラバラになるらしい。保育園だから仕方ないけど。あと1年半、何だか寂しいなぁ。

何人かのママは、「子供を保育園に通わせるために仕事をしている」と言っていた。
精神的にも肉体的にも、子育てしながら仕事を続けるのはキツイ。
でも、仕事をやめれば、保育園も退園になる。赤ちゃんの頃からのお友達や先生とも、慣れた環境とも離れなければならないのだ。
分かるなぁ。私だって仕事はしんどいけど、今から他の幼稚園に通わせる勇気はない。

でも、本来、親の職業の有無・種類で、子供が影響を受けるっていうのもおかしいよね・・・
[PR]
by miki_renge | 2004-11-07 08:50 | 女性と仕事