2007年 05月 25日 ( 1 )

メガネ屋さん

今週は長女の学校の個人面談、次女の保育園の保護者会があってバタバタしていた。長女の方は相変わらず成績が底の方を這いつくばっているようだ。「じっくり取り組もうとする意欲はあるんですが、じっくりしすぎて遅くなっちゃうんですよねぇ」と言う先生。どうかどうか、長い目で見てやって下さい。一方、次女はそこそこ「優等生」らしい。健常児ってすごいねぇ。

さて、先日、12年間使っていた(!)メガネを変えた。次女を出産してからか、よく目が疲れるなぁと思うことはあった。長女が学校の眼科検診で「再検査のお知らせ」をもらってきたこともあり、一緒に眼科に行くことにした。
視力検査や眼底検査をしてもらった結果、先生は一言、「老眼のハシリですね」。
視力が少しずつ良くなって(≒遠くのものが見えるようになって≒老眼?)相対的にメガネの度が強くなってきてしまったようだ。

そこで、思い切ってフレームも変えることに。
実は以前から、「メガネを買うときはここ!」と決めていたメガネ屋さんがあった。5~6年前になるだろうか、メガネのフレームのネジが緩んで、あわてて駆け込んだときに丁寧に(しかも無料で)対応してくれたメガネ屋さん。その親切が忘れられず、必ずここに来ようと思っていた。
今回も、フレーム、レンズ、さらには目のケアなど、きめ細かに相談に乗ってくれた。そして「メガネをかけ続ければ、フレームが緩むのは当たり前なんです。そんなときはお気軽にご来店下さい。いつでも直しますから」と言って下さった。
相手にとってみれば当たり前のサービスかも知れない。けれど、困っているときに助けてくれたことは忘れないのだ。
目は大事。メガネ人間としては、こういうお店が近所にあると心強いなぁ。

ちなみに長女の視力は0.6と0.3・・・悪いじゃん。
未熟児網膜症の手術も経験しているから、多少は覚悟していたけれど・・・この子もメガネかな。まぁそうなったら、またこのメガネ屋さんにお世話になろう^^;
[PR]
by miki_renge | 2007-05-25 10:28 | 商品・サービス